記事一覧

バレンシアガ ターンロゴ刺繍 スウェット フーディ 偽物675003 TLVB4

今の私にとっては、“足もとの心地よさ”が、最もゆずれないおしゃれのポイントです。なのでほぼ毎日が、スニーカーかフラット靴。ブーツ級のパワーをもつスニーカーなら、大人としてのクラス感を保てると感じています。バレンシアガ パーカー 激安足もとがカジュアルなぶん、パンツならセンタープレス入りなどのきれいめを選ぶことできちんと感をキープ。“カジュアルときれいめのバランス”は、私にとって、永遠のおしゃれフィロソフィーなのです。


★バレンシアガ ターンロゴ刺繍 スウェット フーディ 偽物675003 TLVB4
レディースファッション » トップス » パーカー・フーディ
ブランド型番675003 TLVB4
-胸元と背面に"バレンシアガ"のターンロゴ
-カンガルーポケット
-リブ仕上げの裾と袖
細部まで計算し尽くされた、立体裁断や
完璧な縫製技術が高く評価されています。
モード系の先駆者的存在であり、
世界中のファンに長く愛され続けています。

ダッドスニーカーブームの火付け役となった、
Triple S(トリプルS/トリプルソール)は、
仲里依紗さん、高橋愛さん、こじはるさんなど
ファッショニスタがこぞって愛用中♪


ハイブランド発の最新スニーカーは、足もとにブーツと同等の威力を添えるベストチョイスのひとつ。バレンシアガ 服「シンプルなニットにセンタープレスパンツを合わせたこのコーディネートは、ふだんの日のバランスです。もっときちんと感が必要なシーンでは、シャツやワンピースなどを合わせたりして、カジュアル感ときちんと感の全身バランスを調整します」。


【関連記事】:2022年服装流行トレンドは何

マイケル・ジョーダンがルーキーシーズンに着用した最古のスニーカー Nike Air Ship が約1億6,700万円で落札

ここ数年、スポーツメモラビリア(使用済みアイテムや直筆サイン入りグッズなどスポーツ関連の記念品)市場が青天井の盛り上がりを見せているのはご存知だろうが、このたびMichael Jordan(マイケル・ジョーダン)関連のシューズが驚愕の価格で落札された。


記録を打ち立てたのは、先日オークションに出品されることをご紹介したMJがNBA シカゴ・ブルズでのルーキーシーズンに着用していた〈Nike(ナイキ)〉Air Shipだ。ナイキスニーカーレディースAir Shipは、MJの最初のシグニチャーモデルであるAir Jordan 1のベースとなった幻のフットウエアで、いわばAJ1が完成するまでの代替えモデル。このため、ルーキーシーズンに当たる1984-85シーズンのプレマッチや幾つかの前半戦でのみ着用されていた知る人ぞ知る1足である。しかも、現役時代のMJが足を通したという付加価値だけでも高額になる中、今回オークションに登場したのは彼がNBA選手として着用した中では最も古いシューズ & 直筆サイン入りということで、落札予想価格は100万~150万ドル(約1億1,300万~1億7,000万円)となっていた。


そして10月24日(現地時間)、世界的なオークションハウス『Sotheby’s(サザビーズ)』のラグジュアリーセール “Icons of Excellence & Haute Luxury”にて競りにかけられた結果、147万ドル(約1億6,700万円)でハンマープライス。これは“実際に試合で使用されたシューズ”としては史上最高額で、全体で見ても4月に180万ドル(約1億9,500万円)で落札されたKanye West(カニエ・ウェスト)x〈Nike〉Air Yeezy 1 Prototypeに次ぐ史上2番目の高値である。

今後、これらの価値および価格を越えるスニーカーが現れるのか気になるところだが、ひとまず上記ギャラリーから当該モデルをチェックしてみよう。

【関連記事】:プロのファッションニュース情報センター

Clarks × SSZ × AH トリプルコラボシューズ『WALLAROO』が国内1月15日に発売

クラークスオリジナルズ × エス エス ズィー × 長谷川昭雄 注目のトリプルコラボが、幻のモデル『ワラルー』を別注。
創業約200年となる英国のフットウェアブランド「Clarks Originals(クラークスオリジナルズ)」、ビームス(BEAMS)の加藤忠幸が手がける「SSZ(エス エス ズィー)」、そしてスタイリストの「長谷川昭雄(AH)」がタッグを組み、トリプルコラボレーションシューズ『WALLAROO』を国内2022年1月15日(土)に発売する。



販売定価: 35,200円(税込)
BEAMSの45周年、<SSZ>の5周年という節目のタイミングに始動した本プロジェクト。今回は、長谷川氏が所有していた、20年近く前に製品化されなかった幻のモデル『WALLAROO(ワラルー)』を別注。



本モデルは、『WALLABEE』から靴紐を取り外したようなデザイン。紐を結ぶ必要もなく履きやすく、脱ぎやすい仕様に。アッパーには上質なスエード素材を採用し、素朴な雰囲気ながらも、上品な仕上がりとなっている。また、履き口部分には<SSZ>のノー トピスネーム、かかとには長谷川氏のイニシャルである“AH”のロゴを配置。<CLARKS>の新しい定番として愛される一足だ。

本コラボシューズは1月15日(土)より各ビームス店舗にてリリース予定。


【関連記事】:女の子の好きなプレゼント

【Nike】Air Jordan 5 Retro “Jade Horizon”が2022年3月25日に発売予定

ナイキ ジョーダンブランド 新作スニーカー AJ5(エアジョーダン5) レトロ “ジェイドホライズン”が登場 [DC7501-300]
「Nike(ナイキ 偽物)」〈JORDAN BRAND(ジョーダンブランド)〉の新作スニーカー Air Jordan 5 Retro “Jade Horizon”(エアジョーダン5 レトロ “ジェイドホライズン”)が、海外2022年3月25日に発売予定。



1990年に初めてリリースされた Michael Jordan(マイケル・ジョーダン)の5代目シグネチャーモデル「Air Jordan 5(エアジョーダン5)」。新たに登場する本作ではオリーブ系ジェイドホライズンカラーのレザー素材でアッパーを構築。シュータンにはリフレクティブ仕様のライトシルバーを使用し、ミッドソールはアンスラサイトカラーで引き締めた。ナイキスニーカー 人気また、サイズはメンズ、GSで展開する。



国内販売情報の追加など、新たな情報は判明し次第随時更新予定なのでお見逃しなく。


【関連記事】:高級ブランドと有名人のマッチングに焦点を当てる

【GOD SELECTION XXX × ONE PIECE】チョッパーキーホルダーが国内12月25日に発売

ゴッド セレクション トリプルエックス × ワンピース コラボレーションアイテム第3弾が登場 #ONEPXXXE
宮崎泰成が2013年に「Ain’t no fake, Ain’t no Parody. This is fxxxing ART」をテーマにスタートした東京発のストリートブランド「GOD SELECTION XXX(ゴッド セレクション トリプルエックス)」と、ルイヴィトン 服 中古尾田栄一郎が描く超人気漫画「ONE PIECE(ワンピース)」によるコラボキーホルダーが、国内2021年12月25日(土)に発売予定。


コラボ第一弾、第二弾に続く今作では、麦わら海賊弾の船医 チョッパーの目線を『XXX』ロゴでモザイク処理したキーホルダーが登場。カラーは全2色がラインナップ。本アイテムはXXXオンラインにて12月25日(土)にリリースされる。



シュプリーム 2021年秋冬コレクション WEEK17 US オンラインの完売スピードランキングが公開。首位はポーラテックフーディー。
国内2021年12月18日(土)に公式オンラインで発売予定のSupreme(シュプリーム)2021FWコレクション WEEK17(発売アイテムはこちら)。今週は人気アウトドアウェアブランド 「THE NORTH FACE(ザ・ノース・フェイス)」との2021FWコラボ第2弾や機動戦士ガンダムとのコラボプラモデルなどがリリース。

EU(ヨーロッパ)に続きUS(アメリカ)でもオンライン発売が開始し、海外メディアによる商品の完売スピードランキングが公開された。日本国内の完売ランキングとは異なってくる為、参考までに確認しておこう。

【関連記事】:https://chawenjinkp330.wordpress.com/

Nike Air Force 1 Mid “Paris”が2022年夏に発売予定

フランスの首都から着想した新作スニーカー ナイキ AF1(エアフォース1) ミッド “パリ”が登場。 [DO6729-700]
「Nike(ナイキ)」の新作スニーカー Air Force 1 Mid “Paris”(エアフォース1 ミッド “パリ”)が、海外2022年夏に発売予定。


アメリカ大統領専用飛行機『エアフォースワン』にちなんで命名されたナイキの人気スニーカー「Air Force 1(エアフォース1)」は、「ナイキ エア」を搭載した世界初のバスケットボールシューズとして1982年に初登場。シューズデザイナー Bruce Kilgore(ブルース・キルゴア)が手がけたそのアイコニックなシルエットは、ファッションに関心のあるヘッズはもちろん老若男女問わず多くの人たちに愛されてきた。

本作ではフランスの首都であり、「華の都」、「芸術の都」とも呼ばれるパリの街から着想。パリの多くの建造物にはライムストーンと呼ばれる石灰石が使用されており、パンテオンやルーヴル美術館といった代表的な建物を含め、薄いベージュカラーの街並みが美しい景観を演出している。本作ではこの街並みをイメージしたカシミヤカラーのアッパーにポレンイエローのオーバーレイを組み合わせ、シュータンラベルやヒールパッチにはパリの道路標識を模したネイビーにグリーンの縁取りデザインを採用。シューレースデュブレにも同標識の形が使用され、トゥサイドにはパリ市の郵便番号『75』が刺繍されている。


【関連記事】:https://heiyyayinb.wordpress.com/

Polaroid × Nike SB Dunk Low Proが2022年4月に発売予定

ポラロイド × ナイキSB 老舗カメラブランドとの新作コラボスニーカー ダンク ロー プロが登場。
1937年にアメリカで誕生した老舗インスタントカメラブランド『Polaroid(ポラロイド)』と、Nike(ナイキ)のスケートボードライン「Nike SB(ナイキSB)」の新作スニーカー Dunk Low Pro(ダンク ロー プロ)が、海外2022年4月に発売予定。



1985年に初登場したナイキの人気スニーカー「ダンク(Dunk)」。スケートボード用に特化したプロモデルでは、マノロブラニク サンダル コピーパッド入りの分厚いシュータン通称“厚タン”や、インソール下部に反発性の強いZoom Airを搭載。その他にも細部にSB仕様のディテールが盛り込まれている。

今回リークされたコラボモデルでは、ポラロイド製のカメラをイメージしたブラック/ホワイトカラーの素材でアッパーを構築。サイドに配された三重のスウッシュロゴやトゥボックス、インソールにはポラロイドを象徴するレインボーストライプのディテールをあしらい、シューレース先端のチップやヒールにはPolaroidロゴを配置した。


本作は2022年春頃にナイキSB取扱店などでリリース予定。ナイキスニーカー サイズ感詳しい発売日や国内販売情報の追加など、新たな情報は判明し次第随時更新予定なのでお見逃しなく。


【関連記事】:人気新作腕時計が発表され、新商品が発売されました。

伝統の相乗効果再び!SIERRA DESIGNS × PENDLETONのマウンパが今季復活。

PENDLETON LINED MOUNTAIN PARKA ¥75384

コットン60%、ナイロン40%の黄金比でブレンドした通称ロクヨンクロス素材を世に送り出した名ブランド、シエラデザインズ。撥水性、透湿性、タフさを生み出す伝統素材を使った、ミニマルな意匠の大定番はいまなおカジュアルシーンで高い人気を誇っている。セリーヌ 服 サイズそんなアメリカの誇る老舗アウトドアブランドの完成された名品に、彩りをプラスしたのが、アメリカのトラディショナルスタイルを体現するブランド、ペンドルトン。そのペンドルトンのウール生地をライナーに配した人気モデルが今季復活するのだ。

スタンダード丈とショート丈の2型からなるこちらのコラボ、シエラデザインズらしく老若男女だれでも着られる、7サイズ、5カラー展開というセレクトの幅もさすがの一言! 着込むほどに風合いが増していくため、人生のワードローブとして必ず一着は押さえておきたいアイテムなのだ。

これぞアメリカのクラシックアウトドアスタイル! といった両ブランドが織りなす世界感を堪能しよう。


BAGABOO 1986 INTERCHANGE JACKET¥25920、FALMOUTH JACKET¥12960、CSC ORIGINALS FLEECE¥8532、KHUMBU GLACIER JACKET各¥18900
ここ数年ファッションシーンを席巻するストリート色ある90’sスタイル。アウトドアブランドがファッションピースとして注目され始めた時代でもあった。当時を語る上で忘れてはならないのが、ビビッドな色使い。特にパープルや蛍光イエローなどはその時代を象徴するのに欠かせないカラーだ。また明るい発色の良さ、軽さ、暖かさと見た目も機能も兼備したフリース素材が大ブレーク。ナイロンジャケットにライナーにフリースを使ったり、単体としても数多くの名品が生み出されたりと現代アウトドアに欠かせないファブリックとなった。

それらの色使いや、素材使いなどを忠実に表現し、どこか懐かしくノスタルジックな雰囲気をまとった90年代のシンボリックなスタイルをコレクションに落し込んだ、コロンビアのクラシックシリーズが今季登場。いまとなっては一般的となった、ライナーとアウターがジッパーで脱着可能という「インターチェンジシステム」も実はコロンビアが発祥。この機能が採用されたバガブーパーカは、1993年にアメリカで100万枚を超えるセールスを記録するなど、コロンビアの歴史を語る上で欠かせない伝説的モデルである。今回はそんなバガブーパーカを筆頭に、最新の機能を持ちながら、まるで古着屋で見つけて来たかの様な風ぼうという、ファッション好きの心をくすぐるウエア4型が揃うのだ。

【関連記事】:新社会人のためのビジネスバッグ&小物

世界が注目する国産ダウンメーカー「NANGA」の魅力を徹底検証!

1941年の創業以来、国内生産にこだわり続けているダウンメーカーの「NANGA(ナンガ)」。この冬、海外での大反響のまま日本に上陸したUSモデルなど、いまや世界が注目するブランドに。

その実力と魅力を、長年に渡って別注アイテムを手掛けるネイタルデザインとアーバンリサーチドアーズ、2つのブランドのディレクターとともに徹底検証。



MOUNTAIN BELAY COAT  ¥82080

US別注としてアメリカのみの展開だったが、大反響となり逆輸入的に国内リリースもされた、ナンガ史上最強スペックの「マウンテンビレーコート」。860FPのグースダウンを200g封入し、圧倒的な保温力を実現させながらも、耐水性や軽量性も追求した傑作。
MOUNTAIN BELAY COAT  ¥82080

US別注としてアメリカのみの展開だったが、大反響となり逆輸入的に国内リリースもされた、ナンガ史上最強スペックの「マウンテンビレーコート」。860FPのグースダウンを200g封入し、圧倒的な保温力を実現させながらも、耐水性や軽量性も追求した傑作。



ネイタルデザイン GOTOHさん「裏地に薄手の生地を採用しているから、内側に大きく膨らむんですよね。包まれる感覚になるし、羽毛と肌の距離も近いからホントに温かい。しかも抜群に軽い!!」。

【関連記事】:都市文芸気腕時計

半永久的な撥水効果とは⁉︎ 街でも映える、カーリーの最新耐水ウエアに注目!


カットソーの概念を超えたカットソーブランドとして知られるCURLY&Co.(モンクレール 服 メンズ)。独自の撥水素材を採用したレインディライトシリーズは、2021年のスタート時に大きな話題となったが、セカンドシーズンとなる今季は、清涼感のただようリーフカモと、清潔感のあるソリッドカラーのアイテムが登場。


ところで、すべてのアイテムに採用されているレインディライトは、コットンの繊維の1本ずつに撥水加工を結合させた画期的な技術。表面にコーティングすることしかできなかった従来の撥水加工と異なり、雨の中で着用してもコットン本来の通気性と肌触りが持続し、ドライでハリのある質感をキープしてくれる。


DELIGHT CAPE COAT with RAIN DELIGHT(LEAF CAMO) ¥29700

春らしい清涼感に溢れたリーフカモが特長的なケープコート。モンクレール スーパーコピーその名の通り、ケープとコートのディテールを組み合わせた独自のデザインで、様々なシーンや着こなしに対応する。


【関連記事】:最も良くて複雑ブランド業界

アンドワンダーの軽量レインウエアで、梅雨コーデをスタイルアップ。

来たる梅雨の時期に備えて早めに手に入れておきたいレインウエアですが、選ぶポイントが多くて頭を抱えている人も多いのでは? そんな方はまず、軽量かつ機能性に富んだ「and wander(アンドワンダー)」のレインウエアをチェック!

fly rain long coat ¥62640

生地に防水透湿性に優れたPERTEX SHIELDを使用したこちら。モンクレール 服 メンズ10デニールの極薄ナイロンに、防水性の高いポリウレタンコーティングと湿気を逃すドライトップコーティングが施され、雨風を防ぐと同時に、内側の湿気を速やかに放出して快適さを保ってくれます。


fly rain anorak hoodie ¥51840

同素材でつくられたショート丈もラインナップ。背中の切り替えにメッシュを使用しベンチレーションにしているので、湿気がこもりにくい構造に。動きやすくタウンにも馴染むデザインになっています。

カラバリは共に3色。アウトドアライクなカーキ、シースルーでインナーコーデも楽しめるオフホワイトに加え、都会的でシャープな印象のブラックも用意。都会的機能ウエアを世に送り出すアンドワンダーのレインウエアで、憂鬱な梅雨の時期を快適に過ごしてみては?!

【関連記事】:http://yasukiyouko.top

TIGHTBOOTH × Chaos Fishing Club カプセルコレクションが国内11月6日に発売予定

タイトブース × カオスフィッシングクラブ アウトドアシーンにフォーカスした新作コラボアイテムが登場。 [2021FW]
プロスケーター上野伸平が主宰する『TIGHTBOOTH(タイトブース)』と、“てきとうにやっちゃうよ”をコンセプトに掲げる釣りとスケボーにフォーカスした上野発のスケートブランド「Chaos Fishing Club(カオスフィッシングクラブ)」による最新カプセルコレクションが、国内2021年11月6日(土)に発売予定。



2020年のタイトブース アパレルブランド創設15周年を記念したアニバーサリーコレクション以来となる今回のコラボレーションでは、アウトドアシーンでも使用可能な暖かさを備えたスケーターシルエットのプロダクトをリリース。パッカブルダウンジャケット、フリースジャケット&パンツのセットアップ、ニットハンテン、スウェットフーディー、ロングスリーブTシャツ、2WAYバラクラバといった、釣りやキャンプ、はたまた街でも使用したい全7型のアイテムがラインナップする。



本コレクションはTIGHTBOOTH、Chaos Fishing Club、両ブランドの公式オンラインストアにて11月6日(土)より販売がスタート。

【関連記事】:http://reflecting.top

【Nike】Air Jordan 1 Mid SE “Grey/Green”が国内11月1日に発売予定

ナイキ ジョーダンブランドから、新作スニーカー AJ1(エアジョーダン1) ミッド エスイー “グレー/グリーン”が登場 [DC7294-103]
「Nike(ナイキ)」〈JORDAN BRAND(ジョーダンブランド)〉の新作スニーカー Air Jordan 1 Mid SE “Grey/Green”(エアジョーダン1 ミッド スペシャルエディション “グレー/グリーン”)が、国内2021年11月1日(月)に発売予定。


販売定価: 15,400円(税込)
1985年に初めて発売され、昨年生誕35周年を迎えた今もなおカルト的人気を誇るスニーカー「Air Jordan 1(エアジョーダン1)」。nike スーパーコピー 本作ではミッドカットのSEモデルをベースとし、ホワイトカラーのレザー素材アッパーとライトスモークグレーのスウェードオーバーレイでシューズを構築。サイドのスウッシュロゴやライナー、アウトソールには鮮やかなパイングリーンカラーを使用している。



シュータンにはジャンプマンロゴ、足首部にはウィングロゴを刻印し、ミッドモデルのアイデンティティを表現。ナイキスニーカーレディース国内販売情報の追加など、新たな情報は判明し次第随時更新予定なのでお見逃しなく。

【関連記事】:快適な旅を叶えるトラベル小物特集

ナノ・ユニバース「西川ダウン」のメンズダウン


西川ダウン[ハイブリッド]アークティックダウン 46,200円
ナノ・ユニバース(nano・universe)の「西川ダウン」新作では、上品で適度なハリコシをもつ素材で洗練された雰囲気に仕上げたジャケットや、ソロテックス(SOLOTEX)素材を採用したマウンテンパーカー、軽量のラムレザーを使ったブルゾンなどがラインナップ。インナーダウンも取り揃える。



アークテリクス(ARC'TERYX)の「コール ダウン(KOLE DOWN)」は、キルティング部分をステッチレス仕様で仕上げたダウンジャケット。モンクレール 服 レディース針孔が一切ない圧着加工により、ダウンの漏れを抑えるのみならず、高いストレッチ性も実現している。



クロフトン パッファー 110,000円
カナダグース (CANADA GOOSE)の「クロフトン パッファー(Crofton Puffer)」は、リサイクルされたフェザーライト リップストップを採用し、暖かさとボリューム感をアップデートしたダウンジャケット。ブラックやネイビーのほか、シルバーやゴールドのカラーを用意する。

【関連記事】:http://hgyao520.top

Nike Air Jordan 11 Retro Low “72-10”が2022年4月23日に発売予定

ナイキ ジョーダンブランド シカゴ・ブルズの1995-1996シーズン 72勝10敗という大金字塔記録にインスパイアされたAJ11(エアジョーダン11)レトロ ロー “72-10”がローカットで登場。 [AV2187-001]
「Nike(ナイキ)」〈JORDAN BRAND(ジョーダンブランド)〉の新作シューズ Air Jordan 11 Retro “72-10”(エアジョーダン11 レトロ ロー “72-10”)が、海外2022年4月23日に発売予定。



Mock up by zsneakerheadz

1995年、NBAプレーオフの試合に登場したマイケル・ジョーダンが履いたことでバスケファンからの熱も高い「Air Jordan 11(エアジョーダン11)」。今回リークされた情報によると、マイケル・ジョーダン率いるシカゴ・ブルズ(Chicago Bulls)がファイナル優勝を果たした1995-96シーズン中に打ち立てた72勝10敗という大金字塔記録にインスパイアされ2015年12月にリリースされた名作 Air Jordan 11 Retro “72-10”が、2022年春夏シーズンにローカットモデルで復刻を果たすという。



現時点では実物画像は明かされていないものの、ブラックカラーのシュリンクレザーアッパーとパテント加工されたマッドガード、ジムレッドのジャンプマンロゴ、ホワイトのミッドソールとクリアアウトソールなど、オリジナルを再現したディテールが落とし込まれ、スペシャルデザインのシューズボックスでリリースされるとのこと。

詳しい発売日や実物画像、国内販売情報の追加など、新たな情報は判明し次第随時更新予定なのでお見逃しなく。


【関連記事】:スモール トップハンドルバッグ

モード&リラックスで、今っぽく着こなすのに成功した白コーデ3選

オール白の着こなしというと、エレガントで女性らしいイメージを頭に浮かべる人が多いのではないでしょうか。
そんなちょっと前の着こなしとはまったく違い、今どきの白スタイルは、ゆったりとしたオーバーサイズのアイテムを取り入れたリラックス感が漂うモードな着こなしです。
参考にしたいSNAPから、新しい白スタイルをマスターしましょう。

■1:エリカ・ボルドリンは…レオパードのバッグと黒ブーツで白に辛口なアクティブさをプラス



人気ブロガーのエリカ・ボルドリンが2020年2月にN.Y.でキャッチされたときのコーディネートです。
ややアイボリーがかったバニラ系のコートをメインに、インナーとパンツもすべて同じトーンでまとめていました。
白のワントーンで、細身のチェスターコートだから、縦のIシルエットが際立って、スマートです。
さらにすべてシンプルなデザインなので、小物でエッジィさを加えて大正解。
レオパード小物は、黒の着こなしに合わせると無難に仕上がるだけでつまらないので、ぜひ白のコーデにトッピングしてみてください。
レオパード柄が白とマッチすると、品がよく華やかさが演出できます。

■2:ペニーレ・タイスベックは…BIGサイズのジャケットが大ぶりなイヤリングで新鮮な印象に



サングラス、バッグは黒で統一し、白コーデを引き締まった印象に。
2020年1月、パリでオール白のジャケット×パンツコーデを楽しんでいたのは、デンマーク、コペンハーゲンでクリエイティブディレクターやスタイリストとして活躍中のペニーレ・タイスベック。
ブランド777オーバーサイズかつパワーショルダーのジャケットに、タートルネック、ストレートラインのパンツと、清潔感あふれる佇まいで颯爽と。
レフ版の効果と同じように、オール白だと顔映りのよさは抜群です。
そこに大ぶりのイヤリングで、キラッと上品なインパクトを。
相手の視線が上にいくことと、ワントーンコーデがフラットに見えず、立体感が出てスタイリッシュに。
パンツのサイドにボタンがあしらわれたデザインも、センスのよさをアピールしています。

■3:ニーナ・スウェスは…白で取り入れると華やぎが倍増するボリュームシルエットの半袖コート



スリーブレスなので、手首にブレスレットの重ねづけでこなれたアクセントを。
ドイツ人ブロガー、ニーナ・スウェスは、ミラノでSNAPされていました。
大きな襟と半袖が印象的なクリアホワイトのコートを、裾にフリルが施されたロング丈のブラウスに重ねていました。
コートのデザインが今っぽくリラックスムード十分で、キャメルの細身パンツをのぞかせているレイヤード術は、まさにトレンドそのものです。
そして、注目したいのがバッグ。モンクレール 偽物個性的なハンドルがモードさをもたらし、パンツの色ともリンクさせていて、切れのよい味付けに。
存在感あるコートには、同じテイストのバッグを合わせると、バランスよくまとまります。
半袖に抵抗がある場合は、インにざっくり編まれているバルキータイプのタートルニットをコーディネートして、袖を出して着るのがおすすめです。

クリーンかつ上品な白を、今っぽくモードに仕上げているコーディネートを分析しました。
オーバーサイズのアイテムを好バランスにまとめていたり、ワントーンが立体的に見えるように、インパクトある小物を投入したりと、参考にしたいテクニックを駆使しています。
どんなシーンにもフィットする着映えコーディネートなので、実際に着こなしてみてください。

【関連記事】:http://tomiyuki.top

Nike 『ハルビン氷祭り』 から着想したDunk Low “Ice”が2021年冬に発売予定

ナイキから、世界三大雪まつりの一つにも数えられる中国の祭り『ハルビン氷祭り』からインスパイアされたクリスマス仕様な新作スニーカー ダンク ロー “アイス”が登場。 [DO2326-001]
「Nike(ナイキ)」の新作スニーカー Dunk Low “Ice”(ダンク ロー “アイス”)が、海外2021年冬〜2022年初旬頃に発売予定。


ナイキから1985年に初登場した人気スニーカー「ダンク(Dunk)」。新たに登場する本作では、2020年ホリデーに登場した Nike SB × Sean Cliver Dunk Low Pro を彷彿とさせる冬仕様のディテールで制作。クリスマスチックなこのディテールは、Dunkと同じ1985年から始まり、世界三大雪まつりの一つにも数えられ毎年1月5日頃から2月末頃まで開催されている中国の祭り『ハルビン氷祭り(ハルビンこおりまつり。中国語: 哈尔滨冰雪大世界)』からインスパイアされている。



ハルビン氷祭り 冰雪大世界

銀世界を想起させるグレーのクォーターパネルやメタリックシルバーのトゥボックスに、ホワイトカラーのヴェルベット素材オーバーレイとファー生地のシュータンを組み合わせてシューズを構築。ライナーにはブルー、ミッドソールにはグレー、アウトソールはクリアソールで仕上げ雪の結晶をプリント、冬らしいカラーリングで統一した。



また、トゥボックスとヒールサイドには雪遊びをする子供たちのキャラクターを刺繍。ヒールパッチには祭りのネオンと飾りを彷彿とさせるカラフルな旗をあしらい、インソールには氷を意味する中国語『冰』のラベルを配置している。

詳しい発売日や国内販売情報の追加など、新たな情報は判明し次第随時更新予定なのでお見逃しなく。また、ナイキは今後複数の「ダンク」のリリースを予定しているので合わせてチェックしておこう。


【関連記事】:http://takashi.top/

「小物使い」でスタイルアップ

主要アイテムのチョイスが決まったら、プラスアルファの小物技で更なるスタイルアップを。

ストールで視線を上に


首周りを温めてくれ、今の季節は頼れる相棒であるストール。バレンシアガ 服
ボリューミィなものや、明るめのカラーで視線を上に集中させることでスタイルアップが計れます。

ベルトでウエストマーク



ゆったりトップスを選んだときは、ウエストマークでメリハリを。ポイントを置くことで、異なる印象も得られるので着こなしの幅も広がります。バレンシアガ パーカー コピー同系色でなじませてもOK、カラーで遊び心を取り入れても◎。

オーバーサイズシャツの上からベルトをON



オーバーサイズシャツはそのまま着てしまうと、どうしても着られてしまう。そんな小柄さんのお悩みも、ベルトのプラステクでクリア! ウエストより少し上に、そしてトップス部分に少しゆとりを持たせれば、たちまちこなれ顔に。


【関連記事】:ファッションに関するすべての製品と情報

【Nike】カスタマイズ可能なDunk High By Youが国内9月2日より発売

ナイキからカスタマイズ可能な新作スニーカー ダンク ハイ バイユーが登場。シカゴなど名作カラーの再現も [DJ7023-991,DJ7030-991]
「Nike(ナイキ靴レディース)」のスニーカーカスタマイズサービス「Nike By You(ナイキバイユー)」から、Dunk High(ダンク ハイ)をベースとした新たな一足が、海外2021年8月3日より発売。国内では2021年9月2日(木)より販売される。



販売定価: $115 / 15,400円(税込)
1985年に初めて発売され、2020年で35周年を迎えた今、再び空前のブームを巻き起こしているナイキの人気スニーカー「ダンク」。大人気ローカットのBy Youモデルに続き、ハイカットをベースにカスタム可能な一足が登場。レザー、スウェード、ウーブンマテリアルといった素材に、レイブカラーやメタリックカラーを使用可能。アッパーやオーバーレイ、シュータン、ミッドソールやアウトソールまで、自分好みの配色や過去にリリースされた名作カラー(Chicago、シャタバ、ティファニーなど)の再現など、楽しみ方は人それぞれだ。



国内販売情報の追加など新たな情報は判明し次第随時更新予定なのでお見逃しなく。


【関連記事】:皇室御用達の人気ブランド

エディの2ndシーズンにジェームス・チャンス登場。セリーヌがパリでコレクション発表【2021-22秋冬メンズ】


エディ・スリマン(Hedi Slimane)がセリーヌ(CELINE)の2019-20年秋冬シーズンのアイコンに選んだのはなんとジェームス・チャンス(JAMES CHANCE)だった。昨年9月のウィメンズのパリコレ期間中に、アーティスティック、クリエイティブ、イメージ・ディレクター就任初のコレクションを発表したエディのセリーヌは、今回初めてパリメンズの期間中にコレクションを発表。1月20日、ファッション・ウィークの最終日のフィナーレに、サックスソロで演奏したジェームス・チャンスの存在は、世代を超えて新しいセリーヌファンに向けた新しいアプローチだったことは間違いない。

1978年に発売されたNYポストパンクのコンピレーションアルバム「NO WAVE」でコントーションズのメンバーとして参加し、目の周りにあざを作ったままのリーゼント姿のポートレートを披露したジェームス・チャンスは衝撃的だった。その演奏自体が、ジャズとパンクを融合させ、後にジェームス・ホワイトと名乗ったように、ファンクの帝王ジェームス・ブラウンのステージングも下敷きにされていた。2010年、2016年に来日し、日本にも80年代からのファンは多い。


ロックンロールのスリムなスタイルをベースに2000年以降の新しいメンズウエアに刺激を与え続けてきたエディ・スリマンが今回「ロンドン・ダイアリー」というテーマで打ち出したコレクションは、これまで同様トラディショナルなテーラードアイテムを、ツイードやカシミア、レザーなどで表現しているが、前シーズンよりシルエットはスクエアに、クラシカルなバランスに変化。ジェームス・チャンスが愛用する50'sのスーツに代表されるコンポラスタイルやアニマルパターン、ライダースもエディのこれまでのワードローブそのままながら、確実に新しいセリーヌの顧客を掴むだろう。


NYからロンドンに渡り、再びNYへ戻ったパンクのダイアリーを、エディがまた今の時代にポラロイドで切り取り、世界中の街角でピンナップされる。エディのディオール オムもサンローランも知らない世代、層がそれをSNSで認知し、あたらしい輪に加わっていく。そういう時代だ。


【関連記事】:大切なあの人に贈るバレンタインギフト

ページ移動